しあさっての幸せ

始めたばかりのUVレジンの事や、飼っている猫の事、好きな音楽などぽつぽつと綴っていきます。

SNS或いはTwitterとブログ

こんな暑い日は喫茶店か図書館にでも籠っていたい。

実学生の時はそうしていた憶えがある。

特に、漠然とした思いがモヤモヤと頭の中を占領している時。

 

何にモヤモヤしているのか。

ブログに手を出して一か月過ぎたが、ここもまた所謂SNSみたいなものだったという落胆がある。スター、読者数、ブクマ。まだその意味をよく知らないけれど、Twitterに例えるならふぁぼ、フォロワーなんかになるのだろうか。ブクマはまだ全然よく分かっていない。

 

私はここでSNSはてなブログの悪口を書こうと思っている訳ではない。事実、アクセスが伸びたりコメントをもらったりする事はとても有り難い事だと感じている。

読者数に関しては、本当に読んでくれてる人が僅か数人しか居ないことを知っているから全然気にならないし、むしろ「ネットで楽してお金儲け」系の人が殆どだろうと思っている。

 

この「ネットで楽してお金儲け」系の人達はガシガシとスターを付ける。記事を読まずに付けるらしい。このあたり、Twitterよりもたちが悪い。

第一、楽してお金を稼げると思っているのがイヤだ。一円でもお金を稼ぐという事は大変なのに、何かとんでもない勘違いをしているとしか私には思えない。

その様な人達との交流は私は望んでいない。

 

私は2009年からTwitterを開始し、一度アカウントを削除して現在のアカウントは2010年からの開始だ。その間様々な事があり、最近では一時期ほどの情熱は無い。むしろややお疲れ気味である。

 

 

 

 

 これは私のツイートだが、Twitterでは駄洒落と猫をいつも楽しみにしていると言われて頑張り過ぎたので疲れた様子が伺える。

 

ブログを始めて一か月ちょいなのにもう同じような感覚に襲われ始めているのかもしれない。

そんな時、Twitterで知り合ったオトモダチに有り難い言葉を貰った。

勝手に引用しておく。

 

「まあこんなもん、人が何求めようと関係ないですよ。すきなようにやったりやめたりすりゃ良いんです。俺様主義でよろしくです。」

 

これこれ、これなんだよな、行きつく処は。

 

f:id:ynari3:20170616145200j:plain

 

今は、オーダー、と言うと少し違うけど、某猫さんの新築祝いを夢中で制作している。

まあ、「好みじゃない」と言われて行き場を失うんだろうけどね。