しあさっての幸せ

始めたばかりのUVレジンの事や、飼っている猫の事、好きな音楽などぽつぽつと綴っていきます。

除草剤と猫

昨日は昼頃から夫と出掛けて猫のいる旅館に一泊してきた。

美味しい料理と地ビールに舌鼓を打ってきたので興味のある方は右のツイート画面をどうぞ。(こんな時の為に敢えてツイートを貼っているのよ。)

 

その旅館はネットで探したのだが、良心的な価格、料理の評価が高かった事、そして名物猫が二匹、客をもてなしてくれるというのが決定打になって宿泊を決めた。

 

宿は女将が一人で切盛りしており、日に二組しか宿泊客をとらない。お風呂もトイレも共同。旅館というよりは民宿に近いのかな?こじんまりとした宿だった。

 

車を走らせて約三時間。途中で道の駅に三度も立ち寄り、ソフトクリームを食べたり娘への土産を物色したり。若い頃はよく夫と二人、ドライブがてら旅行をしたのでそんな思い出話をしながら車を走らせる。

 

宿に着くと早速女将と猫が出迎えてくれた。

と言っても猫は椅子の上で丸くなって寝ていた。

 

f:id:ynari3:20170620192309j:plain

 

11歳のさくら。

 

なでなでして声をかけるが反応がイマイチ。

女将が言うには「外で除草剤のかかった草を食べたらしく口内炎になってしまった」そうだ。

 

可哀そうに...。

 

それで思い出したのだが、一時期食べられる野草を採取しては料理して食べていた。

まだ元気だった母と一緒に近くの川の土手に生えている野草を摘んでいると、通りすがりの人に「その辺は除草剤を撒いているから食べない方がいいよ」と。

亡き父は「犬の小便がかかっているから」と言って決して食べなかったが、野草は案外おいしい。

なのに除草剤がかかってたなんて。それ以来私と母は野草料理をやめてしまった。

 

今気になって除草剤が猫に与える影響を調べてみたが、生死にかかわるらしい。心配だな。いつまでも宿の看板猫でいてほしいな。